スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節約の作法

3年ほど前に購入して、何度も読んでいる本です。

お金なんてない・・と思っていても、
節約や貯金は、コツをつかめば誰にでもできる!
しかも、楽しみながらできる!
と、読むと前向きになれる本です♪





やみくもに出費を惜しんで、他人に不快感を与える「ケチ」ではなく、

無駄を省いてお金を貯め、使うべきところは使うメリハリのあるお金の使い方。

「節約」をして、まずは年100万円貯金しよう!

そのために使える、著者が実践して培ったノウハウが、55の知恵として紹介されています。

基本となる大方針は、
毎月の給料から一定額を強制的に積立貯金し、残った生活費でやりくりすること。

収入−(固定費+公共料金の予算+積立貯金)=生活費(やりくり費)

◆貯金できない言い訳をしない

無計画に「生活費の余った分を貯金すればいいや」では、いつまでたってもお金は貯まらない。

事前に毎月の貯金額を決め、残りを生活費に充てるのは当たり前の大前提。
その生活費でやりくりをして、さらに浮いた分を貯蓄にまわす。

貯まらないことの言い訳を考えるよりも、貯めるための方法を考える。

◆しっかりとした目的を持つ

お金のことを漠然と考えるのではなく、以下の5つのポイントを書き出し、現状把握して今後の計画を立てる。

1.貯金の目的はなにか
2.目的達成のためにいくら必要か
3.いつまでに目的達成したいか
4.目的達成に月々いくらの積み立てが必要か
5.目的達成に有効な積み立て方法は何か

◆生活費は袋に分けて入れておく

「毎月の給料日から翌月の給料日の前日まで」のサイクルで、用途別に予算を立てて、袋分けをしてやりくりする。

「食費」「外食費」「日用品費」「美容費」「医療費」「予備費」の6費目。

サイクルが終わって封筒に残ったお金は、積立貯金にまわす。

◆「⚫️▲✖️方式」でお金を見える化する

生活費のレシートの品名に、評価を直接書き込む。

⚫️=安く買えて無駄なく使えたもの、もしくは必要経費
▲=必要だったけど、工夫次第で安くできるもの
✖️=まったく必要なかったものや衝動買い

✖️を合計した金額は翌月から強制的に積立貯金し、次回からは⚫️と▲だけを予算化する。

◆家計簿でさらに効果アップ

節約の効果を見える化するため、使った金額を費目ごとに集計する。

袋分けと家計簿のセットで節約をすると、袋分けの精度がより上がる。

◆ものを買うときの6つの基準

比較的少額な身の回りのものであっても、買ったものの使わなかった・・という失敗を減らすことが、節約につながる。

1.どれだけ必要で、どれだけの効果が期待できるのか
2.家にあるもので代用できないのか
3.本当にこれがなければダメなのか
4.売り文句に惑わされていないか
5.1週間後も同じ気持ちか(即決はしない)
6.長期にわたって使えるか

◆捨てざるを得ないものがあるときだけ買う

不要なものに囲まれて狭くなり、不便になった住居に賃料や住宅ローンを支払い続けて生活するのは、不経済。

「1つ買うなら1つ捨てる、捨てられないなら買わない」
これくらいの気持ちでいないと、ものは増えるばかりで、部屋は狭くなり、お金も残らない。

◆自分に投資する

自分の人生の先につながる自己投資はとても大切。
収入に結びつく分野で、自分自身にどんどん価値をつけていく。

◆貯金はゲーム感覚で楽しむ

限られた予算内でどれだけコストパフォーマンスにあふれたものを買えるかと、前向きに、ゲーム感覚で楽しむ。

◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎
これを実行!
◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎

用途別の予算を袋分けしてやりくり、は以前から実行していましたが、そもそも・・

収入−(固定費+生活費+娯楽の積立貯金)=老後等のための重要な積立貯金

になっていました(ー ー;)

詳しくは、こちらの家計ブログ5月の手取り収入をご覧ください・・

重要な積立貯金は賞与に頼っていましたが、「娯楽の積立貯金」と「重要な積立貯金」は変えるべきですね・・

あとは⚫️▲✖️方式と家計簿を早速始めて、生活費もスリム化していきます>_<

↓Amazon

節約の作法 年100万円必ず貯める55の知恵 (ソフトバンク新書)

新品価格
¥788から
(2015/5/1 13:41時点)




↓楽天ブックス

節約の作法 [ 丸山晴美 ]

価格:788円
(2015/5/1 13:43時点)
感想(6件)




ランキングに参加しています。
↓クリックしてもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

ほったらかし投資術

前回の記事の通り、確定拠出年金に興味が出てきたのですが、積み立て投資のインデックス投資というのも気になったので、読んでみました。



最強の投資法として、インデックス投資の仕組みと強みが紹介されています。

インデックス投資とは、株価指数などに連動するインデックスファンドを、一定の割合で毎月定額積み立て投資していくという投資法。

そのインデックス投資の、何が最強なのか? 3つあるようです。

◆負けない

市場平均を上回る投資収益率を目指して運用しているアクティブファンドよりも、結果的に収益率で勝っている。

◆分かりやすい

自分の投資の価値がニュースやウェブサイトで指数を見るだけで分かる。

◆安価

アクティブファンドに比べても圧倒的に2つの手数料が安い。

・販売手数料
購入時にかかるコストのことで、インデックスファンドの場合0円が常識。

・信託報酬
保有している間ずっとかかるコストのことで、インデックスファンドの場合1%未満もある。
アクティブファンドの1.5%など暴利であり、運用商品として論外。

◆最後に

最初にバランスのいいポートフォリオを作っておけば、毎日見直す必要もなく、気がついてみると何ヶ月も何年も続いている‥それがインデックス投資。

著者オススメのアセットアロケーション(運用する資金をどのような割合で投資するのか)は、

国内株50%+先進国株40%+新興国株10%

◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎
これを実行!
◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎

正直、投資初心者🔰の私には難しい内容もあり、斜め読みになってしまった箇所もありました

毎日少しずつ、著者の水瀬さんのブログを読んで勉強して行きたいと思います。

http://randomwalker.blog19.fc2.com


↓Amazon

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)

新品価格
¥799から
(2015/3/5 12:09時点)




↓楽天ブックス

ほったらかし投資術 [ 山崎元 ]

価格:799円
(2015/3/5 12:10時点)
感想(25件)




ランキングに参加しています。
↓クリックしてもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術

確定拠出年金(DC)は、今後現役世代のほとんどが利用できるようになる可能性が高いようです。



この本では、老後の資産形成として他の金融商品に比べて、個人型DCは税制面でこんなに有利!という3つのポイントが書かれています。

◆メリット1ー毎月掛け金を払うとき

掛金の額を所得から除外して税金の計算を行うため、自分の今年の所得税、来年の住民税が減る。具体的には年末調整や確定申告をすると、その分の税金が還ってくるんですね。
これだけでも、15%稼いだも同然と書かれています。

◆メリット2ー運用している間

運用益が非課税のため、効率よくお金を増やすことができる。(通常の運用では20%も課税される。)

◆メリット3ー受け取るとき

「退職所得控除額」や「公的年金等控除」といった非課税枠の対象となるので、受け取る時に税負担が軽く、手取り金額が高くなる。

◆強いて言えばの‥デメリット

・個人型DCの口座は60歳以降しか原則解約することができない

・投資信託等で運用するのであれば、投資の知識は必要

◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎
これを実行!
◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎

ひとまず、手数料が安いと噂のSBI証券に資料請求してみました

↓Amazon

金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術

新品価格
¥1,620から
(2015/3/5 12:03時点)



↓楽天ブックス

金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術 [ 竹川美奈子 ]

価格:1,620円
(2015/3/5 12:05時点)
感想(14件)




ランキングに参加しています。
↓クリックしてもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと

シングルマザーは、自分一人でお金と向き合っていく必要があります。今できることを最大限しておきたいと思い、読みました。



お金に邪魔されることなく、自分らしい人生を実現するために必要な知識やメンタリティが書かれた本です。

◆お金から自由になろう

「お金のことをまったく意識せずに、自分が心から楽しいと思う人生を送る」こと。

お金が理由で好きな活動をできていないなら、その人生はお金によって制限されているのである。

◆お金から自由になるために必要な、17のこと

1.お金から逃げない

労働しなくても生活に困らない生き方を実現するために、お金から逃げないで、お金のことを学ぶ。

2.お金の性質を知る

お金の本質は、「何かと交換できるエネルギー」。お金に縁があるかないかは、お金のことをどれだけ知っているか、使いこなせるか。

3.楽しくお金とつき合う

お金で「いい思い」ができることをきちんと認識して、お金を大切に扱う。
たまにはふだんしないような贅沢な気分を味わうことも、人生の彩り。

4.お金にふりまわされない

お金に関して感情が揺さぶられる時はどういう時か、出てきた感情と一つ一つ向き合っていく。お金はやりたいことを実現しやすくしてくれるサポーターであり、コンシェルジュである。

5.両親のお金とのつき合い方を思い出す

お金に関する「小さい頃の刷り込み」を考えて、あらためて、お金とどういう付き合い方をしたいか考えてみる。

6.自分のお金観を調べる

お金を使うことで体験できた楽しいシーンを思い出す。
思い出すたびにワクワクしたり、楽しい気分になるようなお金の使い方をふだんからする。

7.複数の収入を持つ

複数の収入を、複数の国で持つ。
困った状態になったら、いつでも別の分野、別の国に映移る準備ができているというのが、豊かな人たち。

8.節約をやめて、生き金を使う

「生きるお金」とは、将来につながる人脈ができたり、自分の勉強になるもの。それが何倍にも生きてくるもの。

「死ぬお金」とは、本当は欲しくもないのに、その時のノリで買ってしまったりして浪費される、誰のためにもならないお金。

節約で人生のチャンスまで切り捨てないようにする。

9.資産と負債の違いを知る

「資産」とは、自分にお金や豊かさをもたらすもの。
「負債」とは、自分からお金や豊かさを奪うもの。負債とは何かを理解することで、将来の幸せの邪魔にならない生き方を選択することができる。

10.通帳を複数つくる

経済的自由のための口座、人にプレゼントするための口座、投資するお金を管理する口座、家族の楽しみのための口座などなど、お金を色分けて管理することで、自分が何にお金を使うのかが見えてくる。それは生き方の変化につながる。

11.仕事の単価を上げる

経済的自由を手にするには、まずは「自分にしかできない仕事をする」ことである。
他の人たちが真似できないような仕事をすることによって、自分の価値を高めていく。それによって初めて、生活に必要以上のお金が入ってくる。
その差額が投資にまわり、経済的自由を生み出す原資になっていく。

12.投資をする

投資は時間を味方につけることで、より有利になる。この感覚を、人生にも持ち込むとよい。
投資も自分の才能も、時間をかけただけ大きくなると理解し、すぐに刈り取ろうとしてはいけない。

13.時代の流れを読む

株はどうなったら上がるのか、下がるのか。為替はどうして上がるのか、下がるのか。基本を勉強し、国際政治にも関心を持つ。

14.お金持ちの研究をする

自分のまわりでちょっと経済的にうまくいっている人はどういう人なのか、どういう仕事をしているのか、どんな気持ちでお金とつき合っているのか、観察してみる。

自分のやりたいことをお金で制限させないことを目標に、それにはどのくらいの収入と資産が必要になるのか考える。

15.お金で失敗した人を研究する

お金に失敗しないために、
・無謀なお金の使い方をしない
・投資やビジネスで失敗しないように、お金の知識をつける
・収入よりも多い金額を使わない

16.自分に投資する

自分を投資対象と客観的に見て、価値をあげるよう努力する。
一定量の本を読む、セミナーに行く、人と会う、旅行をする、など一定のエネルギーを投資しないと、才能は開花しない。

お金を稼ぐ活動をもっと楽しみ、お金を使うときも、もっと楽しむ。

17.つき合う人を変える

経済状態は、つき合う人で決まる。
お金持ちはお互いの相乗効果で、よりお金やパワーを引き寄せる。

◆お金語録

覚えておきたいお金の特長。

・お金は人生を自由に生きるためにある
・お金は人生を楽しむためにある
・お金に対する感覚や態度で人生は決まる
・お金は情報や人の行き交うところに流れていく


◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎
これを実行!
◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎

◆節約
・会社にはお弁当&ドリップコーヒーを持参
・お菓子は良いものを少量、良くかんで食べる

◆投資
・節約した分で、大切な友人と月に1回はセレブなホテルなどで高級ランチ
・貯金だけでなく、投資もする
・自分の価値を高めるために、1日30分でも勉強時間を作る


↓Amazon

将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと (だいわ文庫)

新品価格
¥648から
(2015/3/2 11:55時点)




↓楽天ブックス

将来、お金に困らないためにしておきたい17のこと [ 本田健 ]

価格:648円
(2015/3/2 11:57時点)
感想(5件)





プロフィール

たちばなさゆり

Author:たちばなさゆり
横浜在住。小学生の息子がいるシングルマザーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。