スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一対一でも大勢でも人前であがらずに話す技法

仕事でも、子育てをしている中でも、人の前で話す機会って多いです。

そんな時、堂々と、生き生きと話して、更に場を盛り上げることができるようになれたら、と思い読みました。



なぜ人前で緊張するのか?
そういう視点か!と、目からウロコでした!


◆人前で緊張するのは、「見られている」と思うから

・うまく話せるかな
・バカにされたくないな
・手足が震えたらどうしよう

と、自分が人からどう思われるか、「見られている」ことばかり意識をするから、緊張する。

・話しを聞いてもらってありがたい
・どうしたら興味を持って聞いてもらえるか
・相手にとってプラスになることをしたい

と、もっと相手をきちんと見る、「見ている側」に立つ。

自分のことばかり考えているから、緊張してうまく話せない。
相手に気持ちを向ければ、緊張せずに堂々と話せるようになる。


◆実践編

複数あるトレーニング・テクニックの中で、実際に取り入れやすそうなものをまとめました。

1.準備

・自己紹介でも、会議で発言することでも、準備を徹底して行う。その場のアドリブでなんとかなると考えない。

・会議室に入ったら、緊張して心が小さくなる前に、部屋の様子や人数を見ることで、心を広げる。心の中に自分がいる状態をイメージして、その場所全体を自分の心のなかに包み込んでしまう。

・「前はこういう時緊張したなー」とつぶやき、今は違う、という暗示を自分にかける。

・手のひらの中央付近は、気持ちを落ち着かせるツボがある。親指で指圧しながら、息をゆっくり吐く。

2.発言するとき

・人前に立ったら、すぐに名乗らずに、参加者の顔をよく見てから、ゆっくりと始める。

・声はいつもより2トーンくらい大きな声ではっきりと、少しゆっくりしたスピードで語尾までしっかり発言する。

・笑顔で楽しそうに話す。

3.毎日寝る前に

上記のような良いイメージを膨らませ、毎日寝る前などに、出来るだけリアルにイメージトレーニングをする。

◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎
これを実行!
◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎︎◼︎︎◻︎︎︎︎◼︎◻︎

「見ている側」に立つために。
「人と会った時には、相手の良いところを見るクセをつける」という一文が、この本のテーマを超えて心にささりました。

相手の良いところを見つける→相手に対して好感をもつ→それが相手に伝わり→相手も自分に対して好感をもつ

みんなにとってハッピーな好循環ですよね♪

↓Amazon

一対一でも大勢でも人前であがらずに話す技法

新品価格
¥1,512から
(2015/3/5 12:08時点)




↓楽天ブックス

一対一でも、大勢でも人前であがらずに話す技法 [ 森下裕道 ]

価格:1,512円
(2015/3/5 12:07時点)
感想(12件)




ランキングに参加しています。
↓クリックしてもらえるとうれしいです♪

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たちばなさゆり

Author:たちばなさゆり
横浜在住。小学生の息子がいるシングルマザーです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。